「featured」タグアーカイブ

たかが牛タンでも牛一頭の思いが込められている

牛タン料理はその歴史のなかで、急激に人気を博してきました。
それまでは珍味として扱われることも多かった牛タン料理が、全国区で知られるようになったきっかけは、ヘルシー志向に合致した脂肪の少ない焼肉料理メニューだと、多くのメディアが取り上げたからです。
その後すっかり人気になった牛タンですが、狂牛病の問題が発生したときは大打撃を受けました。
特に発祥の地である仙台の牛タンについては、多くの専門店がアメリカ産の牛肉を使用していたために、輸入禁止がそのまま大打撃となってしまい、廃業の憂き目にあう業者も多くありました。
現在では高級食材となりつつある牛タンは、もともと牛一頭から2キログラム程度しかとれないものであり、しかも食味が良い部分は下の根元の一部です。
つまり大げさに言えば、たかが焼肉メニューのひとつであり、ことによっては珍味と認識されているとしても、牛一頭の思いが牛タンにも込められているということなのです。

そんな牛タンですから、自ずと食べ方や味付けにはこだわりを持つ人が多いようです。

塩とレモンが王道かと思いきや、タレや味噌で食べる人も増えているようですし、どのくらいの厚みで提供されるべきかというのは意見の分かれるところのようです。

牛タンについては、そのもととなる牛の品種にも独特のこだわりがります。通常日本人であれば、高級な牛肉の代表は和牛であり、実際値段も食味もブランド和牛がトップクラスというのが、世界的にみても常識かもしれません。
しかし牛タンについては、意見は分かれますがアバディーン・アンガスというスコットランド原産の牛が最良と言われます。和牛の牛タンも人気がないわけではないのですが、脂のさし込みのバランスが絶妙であり、それが牛タンの美味しさの本質と捉える老舗は多いようです。
食べるほうはもちろん、提供するほうにもこだわりがつまった牛タンは、やはり奥深い牛肉料理であるといえるでしょう。

仙台に行った時は絶対に牛タンを食べなければ損!

牛タンといえば仙台。仙台といえば牛タン。それくらい仙台の牛タンは有名で、もし仙台に行く時があれば絶対に牛タンを食べなければ損と言い切れるほどです。牛タンそのものは日本全国どこでも食べられますが、仙台の牛タンは格別です。牛タンの本場仙台だからこその味わいを、皆さんにもぜひ味わっていただきたいところです。ところで、そもそもなぜ牛タンといえば仙台なのでしょうか。仙台は別に牛が特産で有名というわけでもありませんし、もしそうならなぜ「牛肉」ではなく「牛タン」なのかという疑問も湧いてきます。

その理由は戦後まで遡ります。日本にいたアメリカ軍の人間が牛肉を食べたのですが、当時牛タンは食べるものではなく、牛肉を食べたことによって余った部位として捨てられてしまうものでした。

それを安く手に入れて加工・調理し売り始めたのが牛タン。何か画期的な、周りに真似されない料理を出したいと考えたことによって生み出された料理で、その発祥が仙台だったということです。つまり、牛タンは仙台の「名産品」ではなく、料理として有名なものなのです。今では仙台牛なんていうブランド牛も存在していますがその当時はいませんでしたし、今現在も牛タンは輸入されたものも多く出回っています。

仙台という土地が美味しい牛タンを生み出しているわけではありませんが、仙台だからこそ牛タンにはとびきりこだわっているとも言えますね。そんな仙台の牛タンを、ぜひ一度は堪能してみてください。そんな私のおすすめの牛タン定食はこちらです。

参考サイト・・・
http://www.maff.go.jp/j/pr/aff/1608/spe2_03.html
http://www.pref.ibaraki.lg.jp/nourinsuisan/nikuken/kairyo/beef.html

大学では牛タン研究会というサークルで活動していた

最近街中のいたるところに見かけるようになった牛タン専門店。まだ僕が子供の頃は、牛タンといえば焼肉屋でしか食べられないようなものだったと認識していますが、今となっては結構色々なお店で気軽に食べられるようになりましたよね。かく言う僕も子供の頃から牛タンが好きで、焼肉に行けば牛タンばかり食べていました。カルビやロースとは違う、また独特な味と食感。そしてジューシーながらもどこかあっさりとした後味がたまらないですね。

ちなみに大学では、牛タン好きが高じて牛タン研究会というサークルを作り、活動していました。なんの研究をしているのかと思うかもしれませんが、意外と本格的。各地の牛ごとに牛タンの味や品質に違いがあるか、実際に食べるだけではなく含まれる栄養素などから算出してみたり、予算の許す限り牛の産地へ行って牛の飼育状況を見たり畜産関係者に話を聞いたりしました。
(参考:牛タンについての研究論文を書くことを想像した

精肉工場でも、牛タンの扱いや保管方法、そして精肉の手順や気を付けていることなどを事細かにインタビューさせていただいて、それらが結果としてどのような牛タンになるのかを調べていましたね。もちろん、その合宿の一番の目的は「現地でその牛の牛タンを食べること」でしたが(笑)他にも、牛タンに対する様々な調理法において、どの料理が一番牛タンに適しているのか、どの料理が一番美味しいのかなども調べいましたよ。

今思うと、食に関するこだわりばかりが前面に出ていた活動ではありましたが、おかげで結構牛タンにはうるさくなり、会社の同僚と「牛タン食べたい」となった時には僕がご意見番みたいになって、いつも皆が満足できるお店に行けています。好きこそものの上手なれではないですが、何事もトコトンやってみると、結構面白い結果がついてきていいものですよ。